子育て、仕事をしながらつれづれなるままに日々書き留めていきたいなあと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kaeichi
 
[スポンサー広告
せつない…
今回の東北関東大震災で被害にあわれたすべての方に心よりお見舞い申し上げます、いまだ安否確認ができていない方々がどうかどうか別の場所に避難していて無事でありますように。そして今なお避難所で頑張っておられる方々に早く心からの笑顔が戻ってくる日を願って…

ブログの日にちが前後すると思います、(日々書いていないので追いついていない…)
毎日ニュースを見ながら気持ちが沈んでブログになかなか手がでませんでした。
私にとっても一年の中で大切な思い出の一つに数えられるであろう日にそこにいた全員で黙とうをささげました。
しかも今年そこにいた主役の彼らは偶然にも阪神大震災の年に生まれたのだと聞き、ああそうだったか、あの時に亡くした命もあればこうして生まれた命があったのだと改めて気付きました。
当時の私は実家の大阪で凄く揺れたことを今でも覚えています。早朝だったため寝ていましたが下から来た「どんっ!!」という衝撃とともに激しい揺れ、正直地震とは思いませんでした。隕石か何かがぶつかって地球が壊れたと思い蒲団からも出られませんでした…。停電になり懐中電灯とろうそくであたりを確認しながら家の中を歩き、携帯ラジオをつけて初めて神戸で地震があった事を知りました。とにかく仕事に行かなければと自転車に乗って駅に行きましたが電車は停まっていて引き返しました。
当時、とても親しくしていた人が東灘区に住んでいて3日たっても連絡がなくテレビでの安否確認情報を夜中一人テレビに張り付くようにして見ていた記憶があります。居てもたってもいられず劇団の男メンバー2人と私で食料と水を持ち、西宮北口から電車が止まっていたため歩いて彼の家へと向かいました。家には張り紙がしてあって親戚の家へ避難しているとの事で安心し、物資は近所の灘小学校へ持っていき帰りました。家に帰ると彼から電話があったらしく(病院からやっとかけれたとの事)、母が彼の事を心配して神戸へ行ったと言うと「気持ちは嬉しいけど危ないのに…!」と彼が母に言ったことを思い出します…

被災した方、それを心配している方それぞれの想いがあります。愛する家族を想い、子は親を、親は子を…一人ぼっちで泣いている子供達を見ると涙があふれてきます。早く、早く引き合わせてあげて欲しいです。
世界中誰でも子供を持つ親の願いは同じです。
そして世界全体の暖かい支援の手が一刻も早く届きますように。
今朝、保育園に募金箱が設置してありました、2人の娘に小銭を持たせたら入れていました。
とりあえず大きな金額はまた別口でしたいと思っています。保護者会としても何か出来るのかどうか園とも相談したいし旦那さんも得意先が支援の相談をしているとのことで自分達に出来る事をしたいと思っています。
昨日、今日とこのあたりでもかなりの雪が降りました。被災地はかなり寒いと思います。
つらい避難所生活を余儀なくされている方々の体には本当にこたえると思います、早く暖かい春が来ることを心から祈っています。
スポンサーサイト
Posted by kaeichi
comment:0   trackback:0
[その他
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kaeichi.blog134.fc2.com/tb.php/80-3218f03e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。